税理士に関して知られていない情報

税理士に関して知られていない情報

 

税理士に関し、同じ国家資格である公認会計士や弁護士に比べて、あまり一般に知られていない事が多いと思います。詳細はこのサイト→千代田区 会社設立です。

 

 

税理士のほとんどは、税務署・国税局・国税庁の元担当官です。特に所得税の実務経験のある担当官は、税理士試験のうち3科目を免除されるのです。しかも彼らは、税務の仕事のかたわらで将来税理士開業に備えて顧客を準備しています。参考にするなら会社設立 千代田区です。

 

将来顧客となる個人事業主の節税のコンサルタントをしているのです。ここ→千代田区 税理士のサイトがおすすめ

 

 

したがって、国税の元担当官らは、20年以上在籍することでフリーパスのように税理資格を得て、即開業できる顧客をも用意済の状態です。この東京 税理士おすすめです。

 

 

国税の実務経験がなく、開業してから顧客を探さなければならない一般の人とは格差が生じているのです。ここ千代田区 ファナンシャルプランナーへどうぞ。

 

 

財務省がこの体制にしているのは、税の複雑極まりないシステムを運営するため、実務経験者を優遇したと言えるでしょう。しかし、国税担当者の退職後の仕事場を作ったというのが適切かもしれません。